債務整理に関する情報を扱ったWEBメディア

借金が払えない方の債務整理

いつの間にか金融会社からお金を借りすぎてしまい、返済が滞ってしまったら…きっと多くの人がパニックになるでしょう。

返済の要求・取り立てが次から次へと来ても返済できません。精神的にまいってしまう人も多いはずです。借金がもう払えない…払えそうもない…と思ったら、そんな時こそ「債務整理」をオススメします。

法的に借金が解決できる「債務整理」ですが、どのような方法なのでしょうか。債務整理について気になっている人はぜひチェックしてください。

債務整理で借金を整理する方法

「債務整理」を簡単に説明すると、借金を整理するための法的手段のことです。

自分1人ではなかなか手に負えない、整理できない借金問題をプロに任せることでスピーディーに解決できるでしょう。債務整理といってもさまざまな手段・方法があります。

主に挙げられるのは「自己破産」「個人再生」「任意整理」「特定調停」の4つです。

それぞれ方法や手段が異なるので、自分の状況や弁護士のアドバイスによって決めていくとよいでしょう。どの方法がベストか、事前にそれぞれの特徴を把握する事が大切です。

債務整理で借金の整理をする方法は4つある

債務整理とは、借金問題を法的に解決することを意味しています。弁護士や司法書士などの法律のプロに相談して、1日でも早い解決を図ることが重要でしょう。

しかし一言で債務整理と言っても、大きく分けて4つあることをご存知でしょうか?詳細は弁護士などに相談するとして、ここでは相談前の予備知識として勉強してみます。

債務整理の方法~任意整理

任意整理は4つの方法の中でも比較的、軽い借金整理方法になります。

借金の軽減や返済期間の延長をあなたに代わって、弁護士や司法書士が金融機関に交渉してくれるのです。この交渉では、借金を返しやすいプランに変更する、あるいは借金の一部を放棄してもらうなどの話し合いが行われます。

金融機関のほとんどは個人が要求しても受け付けてくれません。プロである弁護士や司法書士がしっかり要求することで、金融機関も借金の軽減や返済期間を見直してくれます。最近は「過払い金請求」と一緒に任意整理を行う人が多いようです。過払いがある状態の方であれば、大幅に借金が減るという事も良くあります。

こうして返済可能な方法に変更したり、借金を減額することが可能になる場合もあります。この任意整理が好んで採用される背景には、裁判所を通さないという理由があります。

裁判所による手続きを必要としないため、比較的、スピーディーに物事が進められるでしょう。交渉により借金の減額ができる手続きで、最も利用する人が多い方法となっています。

債務整理の方法~個人再生(民事再生)

個人再生は今ある借金をすべて整理し、返済し続けられる生活の再生案を提出し、認められたケースのみ利用できる方法です。再生計画の立案によって借金がかなり少なくなり、前よりも返済し続けられる状態になるでしょう。

基本的に、3年をかけて借金を返済していくことになります。個人再生は自己破産のように、家や財産を失うことはありませんので安心してください。

また、テレビのニュースでもよく聞く言葉に、「民事再生」というものがあります。一言で言えば、借金の一部をチャラにしてもらうよう交渉する方法です。民事再生は会社に適応される手法です。また会社の資金繰りが悪化すれば、どんな会社でも適応できるというわけではありません。

民事再生を適応させるには、まず会社が利益を出していることが前提です。つまり、「借金さえなければ良い会社なのになぁ…」という事情があることが条件になるケースが多いでしょう。

今、会社を潰して資産を債権者で分けるぐらいなら、このまま利益を出させ続けて返済させた方が有利だ、という思惑が債権者にあれば適応されやすいと言えます。

個人事業主やサラリーマンなどの場合は、民事再生ではなく個人再生と呼びます。

債務整理の方法~特定調停

特定調停は、裁判所を通して個人で借金の軽減や返済期間の延長を債権者に要求する方法のことです。弁護士などに依頼する費用は掛かりませんが、自分で手続きなどを行う必要があります。

弁護士や司法書士を通さずとも、裁判所を通して個人でできることがメリットですが、知識と情報を持っていなければできないでしょう。借金整理方法、債務整理について知らない人は弁護士や司法書士に依頼した方が安心です。

こちらも債権者との交渉によって返済プランを変更したり、あるいは借金の一部をチャラにしてもらう方法ですが、収入が確保されており、特定調停さえ上手く行けば3年程度で完済できるなどが条件になりやすいでしょう。

簡易裁判所を通して作業を進めるのですが、債権者の中には、特定調停に非協力的な場合もあり、調停が成立するまでの利息などを支払う義務が発生するケースも考えておきましょう。

債務整理の方法~自己破産

よく、ニュースでも自己破産をした芸能人を取り上げていますが、自己破産も債務整理のひとつです。自己破産は借金がどうしても払えない時、もはや返済能力がないことを裁判所が認めれば、それ以降の返済義務は発生しません。借金をすべて帳消しにできます。

しかし、「借金を返すのが嫌だから自己破産しよう…」という甘い考えは捨ててください。まず、自己破産が認められれば一定以上の価値がある資産を手放すことになります。

所有している家はもちろんのこと、お金になるものはすべて没収されるのです。自宅(持家、分譲マンションの場合)、車、宝石類など、これらをお金に換えて債権者に分配することになります。ただし、当面の生活等に必要な分は手元に残せます。

また、自己破産は本当に生活に苦しんでいる人、困窮の度合いが1番ひどい状態でなければ選択できません。

債務整理の内容を簡単に説明!

任意整理

借金:借金の減額ができる。

財産:財産は残る。

内緒:会社にも家族にもバレない。

その他:一番選ばれている方法がコレ。

個人再生

借金:大幅に減らせる。

財産:財産は残る。

内緒:会社にも家族にもバレない。

その他:ギャンブルなどが原因でもOK。

特定調停

借金:借金の減額ができる。

財産:財産は残る。

内緒:会社にも家族にもバレない。

その他:自分で手続きをする必要がある。

自己破産

借金:帳消しになる。

財産:自分名義のものはなくなる。

内緒:会社バレはないけど家族には迷惑がかかる事も。

その他:借金をゼロにできるのはコレだけ。

債務整理は方法によってできる事とできない事がある

債務整理には4つの方法があると言いましたが、どの方法を選ぶのかによってできる事とできない事があります。例えば、すべての借金を帳消しにできるのは自己破産ですが、財産を手放さなくてはならないとされており、裁判の手続きは必要ありません。

しかし、任意整理は財産は手放す必要はありませんが、裁判所の手続きが必要(※弁護士にお任せすれば自分は出廷する必要はない。)です。このように、どの方法を選ぶのかによってしなければならない事が変わり、今後の生活も大きく異なるでしょう。

債務整理を行えば借金がなくなるというわけではなく、方法によっては借金を帳消しにできますが、その分デメリットも大きいので注意してください。自分に合った方法を選ぶことが大切であり、メリットやデメリットを掴んでおかなければなりません。

何の知識も持たないまま適当に選んでしまうと失敗する可能性もあるのできちんと把握しましょう。借金がもう払えない人は、法的に解決する債務整理を選択してみてはいかがでしょうか。

債務整理したいならまずは無料相談

債務整理を弁護士に相談するお金がない時は?

弁護士に借金について相談をしたいけれどもお金がない…と不安になっている人は必見です。

お金がなくても相談する方法、お金がない時の対処法について説明します。借金の相談をしたくてもできない人はぜひチェックしてください。

匿名で無料診断を利用する

借金解決を中心的に受け付けている弁護士事務所や法律事務所では無料相談することができます。ホームページに行くと無料相談があるのでぜひチェックしてください。

無料相談では、お住まいの都道府県や借入件数・総額など5つの質問に答えるだけで債務の減額方法、月々の返済額などがわかるでしょう。たったそれだけで自分の借金が解決できる方法を教えてくれるので非常に便利なシステムです。

さらに嬉しいことに「匿名」で利用できます。自分の名前を知られるのが嫌でなかなか相談できない…と思っている人でも匿名なら気軽に無料診断ができるでしょう。

お金がない時でも上手に対処できるのでオススメですよ。

24時間相談ができる

法律事務所は相談を受け付けている時間が限られています。ほとんどが事務所が開いているお昼から夕方になるでしょう。しかし、普段働いている人にとって法律事務所にゆっくり行く時間はありませんし、お金もかかってしまいます。

そのようなデメリットがあるのでなかなか借金の相談ができないと悩んでいる人も多いのではないのでしょうか。そんな時にも「無料相談サービス」を利用すればインターネットを通して利用できるので24時間いつでも相談ができ、毎日忙しい人でも安心です。

通勤時間や休憩時間の合間をぬってぜひ利用してみてはいかがでしょうか。実名・住所を記入する必要はありませんし、お金も一切かかりません。

「弁護士に相談するお金がないから借金の相談ができない」と悩んでいる人は、まず無料相談を利用するのがオススメです。お金がないからと諦める必要はありません。

あなたの借金状況に合った債務整理を教えてくれるので利用したもの勝ちですよ。

債務整理は家族や会社に内緒で解決できるのか?

これを気にする方も多いと思います。債務整理をして返済を楽にしたいものの、「家族や会社に知られたくない…」と考える方々です。

はたして、債務整理は誰にもバレずに出来るのでしょうか?

債務整理の方法によっては内緒にできる

結論から言えば、債務整理の方法によります。

債務整理には大きく分けて、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産の4つの方法がありますが、任意整理であれば誰にもバレずにできる可能性大です。

任意整理は裁判所の手続きを必要とせず、弁護士と債権者の話し合いによる解決を目指す方法であるため、家族にすら知られずに利用できるケースが多いでしょう。

もちろん、会社にバレることは滅多にありません。仮にバレるとしたら、退職金の見込み金額を聞くなどの行為が考えられます。

「なんで退職金の金額を…?ひょっとして、債務整理でもしているのかな?」と思われる可能性は否定できないでしょう。一方、個人再生や特定調停は裁判所の手続きを必要としており、開始すると官報に氏名や住所が掲載されることになります。官報を読んでいる一般人はほとんどいないため、そこからバレる可能性は低いと思いますが、可能性はゼロではないと言えます。

自己破産は内緒で出来ない!?

ただし、自己破産に関しては内緒で進めるのは難しいでしょう。

官報に氏名と住所が記載されますし、何より自宅を手放すなどの差し押さえもあります。したがって、自己破産をする場合は家族としっかり話し合った上で決めましょう。

債務整理をするなら家族の協力は可能な限り求める

上記をまとめると、最もバレにくいのが任意整理です。

続いて個人再生と特定調停であり、自己破産に関しては内緒で進めるのが難しいということになります。しかし、たとえ任意整理だとしても、家族の協力は可能な限り取り付けてください。

借金問題を解決するには、自分で返済できる分は出来るだけ返済を行い、弁護士任せではなく自分からも借金を減らす努力が必要です。したがって、家族にも協力してもらい、生活を切りつめるなどすれば解決までの期間が短くて済みます。

上記の通り、任意整理は内緒で進められるケースがほとんどでしょう。

しかし家族の協力に関しては、あるのとないのとでは大違いです。自分の勝手で借金をしてしまった場合、家族に相談するのは気が引けると思います。その気持ちは十分に理解できますが、家族にも協力してもらって、家族全員で借金問題を解決するよう、勇気を出して相談してください。

債務整理の最新情報

新着記事一覧を見る